リカルド

リカルド作品展のレポートです。

 リカルドのギャラリーはこのビルの4階にあります。

 

 

11月3日オープニングパーティー

 

 

 領事夫妻も来られました。

 

 

絞りの着物を使ってダンス披露 (アメリカ ワシントンD.Cから)

  

 

作品展 11月4日より

     

 

 

  

 

 

熱心な質問者に早川先生が説明!

 

  

 
コメント&トラックバック: (3)  コメントを書く

印刷博物館

印刷博物館作品展のレポートです。

角を曲がって印刷博物館へ

 

 

  門扉

 

 中庭を抜けて

 

  

 

古い印刷機械が展示されている部屋を通って上の展示室に向かいます。

中は迷路のよう・・・何度も迷いました。

 

11月3日搬入 まずは作品に合わせて棒を切るところから

忙しく働いているので、人物がぶれています。かえってあわただしさがよく伝わるかも・・・?

 

 

11月4日より作品展

 お出迎え

 

最初の二部屋は地元の有名な作家たちの作品展です。絞りもありました。(11月4日レセプション時撮影)

 

 

そして、展示室へ

 

 

 

  

 

 

 

 

11月4日レセプション  ワインと軽食も出て、ものすごい人の数でした! 

 

 

 

 

好評につき、11月末まで会期延長!

持って帰らないといけない作品があったため、一部展示替えをしました。

 

 

今もこの部屋で展示が続いています。

 
コメント&トラックバック: (3)  コメントを書く

リヨン

印刷博物館とリカルドの周辺をご案内しましょう!

ホテルから地下鉄で三つ目の駅まで行きます。

 この出口を出て

 この角を左に曲がると印刷博物館

 まっすぐ進むと徒歩10分ほどでリカルド

 左に市庁舎

 右にオペラ座を見ながら 

  リカルド到着!

一番右のビルがリカルドです。向こうにローヌ川。一番左のビル一階のパン屋さんが美味しかった! 

 リカルドから見たオペラ座と市庁舎

 

リヨンは2000年前のローマ時代にできたというフランスの古都です。

街の西にソーヌ川、東にローヌ川が流れています。

その二つの川の間が街の中心部で、印刷博物館やリカルドがあります。

染織博物館や装飾博物館もあり、織物の歴史や、古い布を見ることができました。

 

 ソーヌ川の向こうに旧市街

この通りの左側に、星の王子様を書いたサン=テグジュベリの生家があります。

近くのベラクール広場に飛行服姿のサン=テグジュベリと星の王子様の像もありました。

   

 

 

ソーヌ川を渡って旧市街に入ります。

ケーブルカーでフルヴィエールの丘へ!

丘の上から眺めた街の中心部です。晴れた日には遠くにモンブランが見えるそうです。 

左の方にかまぼこ型のオペラ座が見えます。真ん中あたりが印刷博物館です。

↓ この写真だけ、クリックすると大きくなります。

 

丘の上には教会とローマ時代の劇場跡

  

 

リヨンはジャガード織り発祥の地です。昔、西陣の職人さん達も技術を学びに来たそうです。

 旧市街の古い織物工房街を見学

 

リボン織機

 

 

昔の織物職人さん達はつつましい暮らしをしていたそうです。

アパートの一室に織機があり、そのかたわらに生活スペース

この工房では、小さなキッチンに、はしごで上がっていく中二階にベッドがあるだけ

 中二階から工房を見る

 

現在の織工房 ショールが美しい!店の奥で織っています。

        

        

 

旧市街の家の一階は、昔、布を濡らさずに運搬するために作った通路があって、通り抜けできます。

 

布が好きな私はワクワク!魅力たっぷりのリヨンでした!

 
コメント&トラックバック: (6)  コメントを書く

写真送ります

CD-R投函しました。

東京は村山さん、京都は楮谷さん、名古屋は山口まどかさん宛に送りました。三つ梱包したところで、タイムアウト。広島は、明日、木村さん宛に送ります。どちらにしろ、配達は月曜日かな?

先ほどコメントにも書きましたが、

画像ではないファイルが入っていますが、それは私の使っている「デジカメDE同時プリント」というソフトで簡単に取り込みするためのものなので、無視して下さい。
CDの中に「2008年シボリコミュニティフランス展」というファイルがありますので、それをクリックすると画像があります。
作品の名前の前に「si」「sr」と記号を付けていますが、それは「作品印刷博物館」「作品リカルド」の略です。「2008年シボリコミュニティフランス展」というファイルをドラッグすれば、パソコンに取り込むことができます。その中にも画像ではないファイルがありますが、「デジカメDE同時プリント」のものですから、不要です。パソコンに移したら、削除しても結構です。

なにかわからないことがありましたら、原田にメール下さい。

 
コメント&トラックバック: (3)  コメントを書く

作品展の写真

フランス作品展の写真、編集が終わりました。皆さんそれぞれ写真を撮られていると思いますが、私の撮った会場風景と作品の写真を、CD-Rにして各支部にお送りすることになっています。来週中には届くと思います。それぞれのコミュニティで、欲しい方がいらっしゃったら、コピーして下さい。ケ・ブランリー美術館の前でみんなで写した写真や、最終日のミーティングなども入っています。

心はまだフランス・・・灰汁建ての藍は、なんとか生きてはいますが、調子はどうかしら・・・?と思いながらも、見て見ぬふり。

ブログに載せる写真は、先生の投稿待ちです。待ち遠しい~!!!

原田

 
コメント&トラックバック: (4)  コメントを書く

10月例会報告

29日、シボリコミュニティ福岡の例会がありました。

今月はとても出席率がよく、会員15名参加。その後、絞り講習生6名に、なんと嬉しいことに見学者が1人、絞り講習を一緒に聞いて行かれました。

例会では、来年4月の作品展に向けて、早川先生からはっぱをかけられました。

学生など若い人とのコラボについて何か考えているのか?今度の会場は広いが、空間をどう使うつもりなのか?など・・・。

コラボは4月までには間に合わないので、まずは次の作品展に若い人が観に来てくれるように、近隣の大学や専門学校に働きかけること。空間は、それぞれがウェアラブル、立体など、考えてくること!という結論になりました。

講習は、今まで、たいてい1人か2人だったのですが、今回は、多く集まり、学校のようです。

こんなこと、初めて!!!

しかも、入った時期が2ヶ月ほどずれているので、小さな学校のように、先生1人で複式授業なんです。

珍しい風景なので、携帯のカメラでパチリ!今回は解像度240にしてみます。クリックしても大きくなりません。

 
コメント&トラックバック:(0)  コメントを書く

写真送ってみます

 ユーザー登録完了のお知らせが来ました。

今日は、大きめの写真(解像度800)をサムネイルで表示する方法を試してみます。

写真はクリックすると大きくなります。

 
コメント&トラックバック: (2)  コメントを書く
Page 4 of 41234